RAとCOVID-19: treat-to-target(目標達成に向けた治療)アプローチ

あなたのRA患者に最適な管理戦略を発見します。


COVID-19の状況における患者の管理

COVID-19パンデミックによってRA患者のケアに変化が生じてきました。疾患コントロールの維持における医師の評価、臨床検査モニタリング、さらに画像検査の役割を再考しなければなりません1。治療アプローチは変更しなければなりませんが、厳格なコントロールの継続及び寛解の達成と維持が依然としてRA管理の主要目標です。

影響を受ける可能性があるケアの側面の一部には以下が含まれます:

  • 薬剤へのアクセス2,3
  • 用量減量と再燃の管理1
  • 来院の管理-頻度、必要性、リスク3
  • 注入療法の最適化4

さらに、リウマチ専門医は彼らの治療とCOVID-19の影響に関する患者の恐れと疑いに対処しなければなりません3,5

臨床医はリウマチ性疾患患者のケアの継続を保証するため、患者とのコミュニケーションの重要性を過小評価すべきではありません5

Teaching Materials

RA と COVID-19
TREAT-TO –TARGET
(Mini-book chapter)

※再生するにはログインが必要です

Dr. Roberto Caporali on Managing RA Patients in
TREAT-TO –TARGET
the Context of the COVID-19 Pandemic
(Podcast:)

References:
1. Yeoh SA, Ehrenstein MR. Lancet Rheumatol. 2020;2(8):e454-e456.
2. Chary MA, Barbuto AF, Izadmehr S, et al. J Med Toxicol. 2020;16(3):284-294.
3. Landewé RB, Machado PM, Kroon F, et al. Ann Rheum Dis. 2020;79(7):851-858.
4. Mikuls TR, Johnson SR, Fraenkel L, et al. Arthritis Rheumatol. 2020;10.1002/art.41437.
5. Antony A, Connelly K, De Silva T, et al. Arthritis Care Res (Hoboken). 2020;72(9):1189-1195.