炎症性腸疾患は、主として粘膜と粘膜下層をおかす、大腸、とくに直腸の特発性、非特異性の炎症性疾患です。潰瘍性大腸炎(UC)の病態について、東京慈恵会医科大学 内科学講座 消化器・肝臓内科 主任教授の猿田雅之先生に解説していただきました。